お金を借りる、といったら4つの選択肢があります。これは人から借りるという訳ではなく、きちんとお金を貸してくれる企業からの場合です。

お金を借りれる4択

まず一つ目は銀行です。

銀行はお金を預かる場所ですがお金の融資も行っています。一番金利が安く、損をすることなくお金を借りることが出来る場所です。場所によっては年利1パーセント大というほとんど利息を支払わない形での借り入れをすることが出来るでしょう。

しかし銀行は利息が少ないせいで、とても審査が厳しいといわれています。理由がないと借りられない場合も多いでしょう。そのため、すぐに借りたいという人、審査が不安だという人にはおすすめできません。

次に消費者金融という選択肢です。

こちらはお金を貸すことを専門としている企業です。カードローン 審査も早く、さまざまな企業があるので自分の理想の消費者金融を探すことが出来ます。最短即日での融資も可能です。

また、消費者金融によっては審査が比較的緩く、アルバイト、パート、専業主婦、学生などの方でも借りることが出来ます。結婚、引っ越し、車の購入、家の購入などの理由がなくても借りることが出来るのもメリットです。

ただし、審査が甘い消費者金融であればあるほど金利は高く、返済をするときに高額になってしまいます。トータル金額は想像以上の金額になってしまう場合もあるでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠の利用も可能です。 すでにクレジットカードを持っている人であれば比較的簡単に利用をすることが出来ます。

しかしショッピング枠とキャッシング枠の兼ね合いで借りることが出来るので、ショッピング枠の利用額ともともとの限度額によっていくら借りることが出来るかが決まってきます。また、金利もそこまで安くはありません。

クレジットカードをすでに持っている人であれば、選択肢に入れるのもよいでしょう。返済方法も、クレジットカードの返済と同じです。

最後に政府系金融機関です。

こちらは自営業や法人専門に借りることが出来る場所で、どうしてもお金が足りないという場合に借りることができる場所です。 ビジネスローンと比べると借りやすい、金利が安い、審査も早いと評判ではありますが、公的機関なので厳しい部分も多いです。もし個人事業主の方などがお金を借りたいと思ったときは、まずは政府の機関に相談をしてみるのもよいでしょう。普通の業者よりも高額融資を期待することが出来る場所です。